クリスタルボウルの演奏方法・実技テキストを制作中です

クリスタルボウルはまだとても歴史の浅い楽器です。多くの奏者が、自分の理想とする演奏方法を求めて切磋琢磨しています。そのため、奏者ごとに演奏方法は千差万別、何が正解で何が不正解というものではありませんが・・・

私なりの演奏方法をまとめた、実技テキストを制作中です。

クリスタルボウル・ヒーリングスクールをスタートして分かったのは、やっぱりクリスタルボウルの演奏って難しいということ。同じボウルを使っても、人によって出せる音は大きく違います。ボタンを押せば音が鳴る電子楽器とは違います。

いまの時代はYouTubeなどで演奏している姿を手軽に見られるので、何も頼るところがなかった時代よりマシになっているとはいえ、それでも細かな演奏方法は分かりづらいもの。

本日は制作途中の実技テキストから、ボウルをこすって演奏させるときの私なりのコツをひとつご紹介します。

それは・・・手首で回すのではなく、手首は手の甲が上を向いた状態で固定したまま、肘の動きで回すこと。

写真で見るとこんな感じです。手首は動かずに、腕全体・肘を伸縮させて回しているの分かりますでしょうか。

kaiten_1

kaiten_2

kaiten_3

kaiten_4

kaiten_5

kaiten_6

kaiten_7

マレットの穴が上からいつも見えていますよね。手首をグニャグニャさせず、マレットをほぼまっすぐのまま、肘で回すとこういう動きになります。

なぜ手首で回すのがダメかというと、以下の3つが大きな理由です。

  • 手首は利き手と利き手じゃない方の器用さがまるっきり違うため、いざ両手で演奏するときに苦労する
  • 力を一定にしたままスムーズに回すのが困難なので、音のゆらぎが安定しない
  • 小手先の演奏のように見えて、見栄えが悪い

さらに、こする演奏では指の力を変えたり、回転のスピードを変えたりすることで、音の立ち上がり・音量・ゆらぎをコントロールしています。

すべての演奏方法にはきちんと理由があります。それは、精神論ではなく、出音に関わる当然の理由です。

クリスタルボウル・ヒーリングスクールは完全マンツーマン開催のため、なかなか生徒さんを増やすことができず申し訳ございません。

これからも追求していきましょう!

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク