クリスタルボウル・ヒーリングスクールについてもう一度

もうすぐ2017年も終わりです。この一年を振り返ってみて、「クリスタルボウル・ヒーリングスクール」を開始したのが新しい出来事でした。ちょうど一年前の今ごろはテキストの制作にテンテコマイでした。

最近また「クリスタルボウル・ヒーリングスクールに興味があります!」という方からよくコンタクトをいただくので、改めてブログでも書いてみます。

クリスタルボウルを持っていることが前提です

まず、一番よく聞かれるのが「ボウルは持っていないとダメですか?」というもの。これは申し訳ございませんが、「はい」です。

クリスタルボウルはひとつずつの個性が強いので、私のボウルなど(借り物のボウル)で練習をしても、基礎的な「鳴らし方」は身についても、自分でボウルを手に入れて「演奏」をしようとしたときに違和感が出る可能性があります。

また、ボウルは最低でも3つ、できれば4つ以上が理想です。

ひとつやふたつだけだと、ただ「鳴らす」で終わってしまいます。「演奏」まで行うなら、最低でも3つ、できれば4つ以上が理想です。ぶっちゃけ、ただ「鳴らす」だけなら数時間で身についてしまうと思うので・・・スクールの代金に見合わないかなと・・・。

マンツーマンなのでスケジュールに合わせます

クリスタルボウルという「鳴り物」を練習するのに、ほかの人の音があっては練習になりません。ヘタしたら、ほかの人の音を浴びてヘロヘロになってしまうかもしれません。

クリスタルボウル・ヒーリングスクールはすべてマンツーマンで行っています。スケジュールの都合がよいところで日程を組むことができます。

全国だいたいどこでも習えます

これを伝えると驚かれますが・・・東京以外でも、全国だいたいどこでも習えます(宿泊施設がない場所、自動車がないとアクセスできない場所を除く)。

ただし、東京以外の場合は「3日連続・1日6時間」のような短期集中スクールとなります。

スクール代金は変わりません。出張料や宿泊費を別途請求することは(今のところ)ありません。

これは「東京に住んでいるのは私のワガママであり、距離を理由に差ができるのはおかしい」と考えているからです。

クリスタルボウルは気軽に持ち運んでどこでも演奏できるのがひとつの魅力です。その実践のためにも、全国だいたいどこでも出張しています。

メールで連絡できるようにしてください

以上のように、クリスタルボウル・ヒーリングスクールはとても自由度が高いです。「ここに何時に来てください」というものではなく、「いつどこでやりますか?」というものです。

そのため、スケジュールの調整などで頻繁にメールのやり取りを行っています。

「ふだんメールをチェックしていない」とか「携帯メールしか持っていない」という場合は・・・申し訳ございませんが受講が困難になります。

※特にauの携帯メールは基本状態でパソコンからのメール受信を拒否するため、「返信しているのに届かない」という状況になりがちです。よく分からない場合はauショップ等でご確認ください

2018年、新しいことを始めてみませんか?

クリスタルボウルはとても歴史が浅い楽器です。それぞれの奏者が自分の理想とする演奏方法を自己流で考え出している最中です。

もちろん、クリスタルボウルは「誰かに習わないとできない」ものではありません。私自身、誰からも習っていません。世界中の宗教音楽、瞑想音楽を参考にして自分の演奏方法を作ってきました。

わざわざ高いお金を払って習うことのメリットは・・・自分だけで考えて悩み続ける時間を短縮できるという点です。

マレットはどう持ったらよいのだろう? こするときのコツは? 叩くときの力加減は? 演奏はどうやって組み立てていけばよい? 演奏中にトラブルが起きたら?

YouTubeの動画などでぱっと見ただけだと分からないと思うけど、演奏のときはマレットを握る指の力をすごく細かくコントロールして音に変化を与えています。ただ手首だけでギュンギュン回すのとは、まったく違う音が出せます。

私は自分自身が優れた人間だとも思ってないし、特別な力があるわけでもありません。ただ、やたらめったらノウハウと実績があります。全国各地に飛び込み営業を行って年間100本を越える演奏を行うような奏者は多くないはず。

ノウハウは伝授できますし、実績は自分で作ることができます。

2018年、新しいことを始めたくなったらご相談ください。クリスタルボウル・ヒーリングの輪を広げていきましょう!

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク